透明

透明な素材も選ぶことができるのは、プラスチックならではです。 アクリルやポリカーボネート、ABSなど複数の素材から透明グレードを選択することが可能です。

機能、メリット ・中に紙を挟むなど、内部が透ける。窓として使える
・導光部品やレンズとして使用
短所・注意点 ・金型の磨き精度が顕著に出る
(簡易型の場合は精度に限界があるので要確認)
・異物やウェルドといった成型時の不良がでやすい
このページのトップへ戻る