光沢、シボ加工、ブラスト

表面処理には「高級感」や「優しい感じ」といった見た目の側面と、「傷がつきにくい」「傷が目立ちにくい」 といった機能の側面の大きく2つの役割があります。
シボの種類によっては抜き勾配の制約に影響があります。

本型 簡易型
光沢 対応可能 プレミアムグレードで対応可能だが、本型より劣る。もしくは塗装
シボ加工 対応可能 ブラストによるナシ地処理のみ可
ブラスト 対応可能 対応可能。しかし、傷がつきにくいといった効果はあまり得られない。
外観目的のためであればナシ地シボ調になる塗装処理をおすすめしている。
(ウェルドラインの補修効果もあり)
このページのトップへ戻る