生活防水、防水

防水にはいろいろな段階の等級があります。どの試験を受けるかによって設計仕様が変わってきます。
使い捨ての製品か、電池交換の必要があるかなどの条件が影響してきます。
また、通常防水設計は部品点数が増え、且つサイズが大きくなる傾向にあります。
樹脂の製作は部品点数に比例してコストがあがるため、過度な防水仕様はおすすめしていません。

機能、メリット ・雨の可能性がある場所での設置が可能
・ウェアラブル端末のように体につける機器
短所・注意点 ・部品点数が増える(Oリング、ガスケット等)
・コストアップ(部品点数、工程数の増加)
このページのトップへ戻る