握りやすい形

使用環境、使用頻度によっては握りやすい(使いやすい)形にすることでデザインが決まります。

機能、メリット ・使いやすい、握りやすい、疲れない
・形自体に特徴が生まれる
短所・注意点 ・誰もが使いやすい形にすることは難しい
・曲面を多用した形は金型の難易度が上がる
このページのトップへ戻る