コンパクト・小型化

小型化への挑戦は、内部の基板と外装設計の歩み寄りが肝になります。
また、既存の接点ではサイズダウンにならない場合は接点の手配も行っております。

機能、メリット ・省スペース、軽量化
・材料、部品数の減少によるコスト削減
短所・注意点 試作方法によっては透けが生じる場合がある
操作頻度の高い筺体の場合、小型化必ずしも使いやすくなるわけではない
このページのトップへ戻る